特別養護老人ホームについて

簡単にではありますが、特別養護老人ホームについて、書いていきたいと思います。
特別養護老人ホームは、省略して、「特養老人ホーム」と呼ばれています。
特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人が運営している老人ホームです。
入居の対象となる人は、65歳以上で介護を必要としているという方になります。
介護を必要としていても、入院して治療しなければならない病気であったり、他にも、伝染性疾患であったりした場合は入居できません。
いわゆる「寝たきり老人」と言われている方達が、入居を希望すれば対象となるわけです。
しかし、介護を必要としていて、特別養護老人ホームに入居を希望していても、すぐには入居できません。
入居希望者の介護の必要度が高い人から優先的に入居していきますので、入居を何年も待っている方も多いと聞きます。
特別養護老人ホームは、地方自治体や社会福祉法人が運営している介護を必要としている人達のための施設ですから、月額費用などは安く設定されています。
施設の部屋はほとんど相部屋ですが、入居希望者がとても多く、待っている方たちがいつ入居できるのか全く見通しつかない状態になっているのです。
寝たきり老人の在宅介護は家族の負担がかなり重いものです。
介護する方の苦労は計り知れないものがありますから、入居を希望する方が、全て入居できるように施設を充実させていって欲しいですね。

関連ページ

特別養護老人ホームの特徴と金額
老人ホームを利用したい、または身内にそういう方がいらっしゃったりしませんか?老人ホームにも様々な種類のものがあります。じっくり調べて自分に合った場所を選択しましょう。