有料老人ホームのタイプ

老人ホームには、大きく分けて2つのタイプがあります。
1つは、特別養護老人ホーム、もう1つは、有料老人ホームです。
ここでは、有料老人ホームについて書いていきたいと思います。
有料老人ホームの運営は、民間の会社がやっています。
ホームの種類も3種類あり、1つは、介護型です。
ここは、介護と食事のサービスが受けられます。
また、入居時に健康であった方が介護が必要になってしまったとしても、引き続き入居していられます。
次に、住宅型です。
ここは、食事のサービスが受けられます。
そして、万が一、介護が必要になってしまったとしても、別の介護サービスを使って入居は続けられます。
先ほどの介護型の有料老人ホームと違い、介護がセットされたサービスでは無いので、別の介護サービスを受けるという形になります。
各個人の状態に見合ったサービスを受けますが、利用したサービス分の費用を別に支払うという形になるでしょう。
最後に、健康型です。
ここも食事のサービスは受けられます。
しかし、前述の2つと違い、介護が必要になってしまった場合は、すぐに立ち退かなくてはならない場合もあります。
入居しているホームによっては、提携している介護型の有料老人ホームに移れる場合もありますが、入居する時に確認しておく必要があると思います。

このように、有料老人ホームにはタイプが3つあるので、入居する時にそれぞれのタイプを良く吟味して、選ぶことが大切です。

関連ページ

老人ホームの種類
老人ホームを利用したい、または身内にそういう方がいらっしゃったりしませんか?老人ホームにも様々な種類のものがあります。じっくり調べて自分に合った場所を選択しましょう。