老人ホームの種類

民間会社が運営している有料老人ホームのうち、食事の提供はあるが介護無しで生活出来る方だけが入居できる「健康型有料老人ホーム」、ここは介護が必要になった時は退去しなくてはなりません。
そして、同じく食事提供があり、介護が必要になった場合は外部の有料介護サービスを利用できる「住宅型有料老人ホーム」、介護サービスが付いている「介護付き有料老人ホーム」があげられます。
そして、特別養護老人ホームと同様に地方自治体や社会福祉法人が運営している老人ホームにもいくつか種類があります。
特別養護老人ホームの他に、介護は必要としないが、経済的な理由で老人ホームに入らなければならない方を対象としており、入居には所得制限がある「養護老人ホーム」、食事の提供があるA型と、自炊するB型がありますが、どちらも介護無しで生活できる方が入居できる「軽費老人ホーム」、ここは、介護が必要になった時は退去しなければなりません。
スタッフに手伝ってもらいながら、自立した生活を送ることができる方が入居する「ケアハウス」、ここも介護が必要になれば、退去しなくてはなりません。
軽い認知症の人が数人のグループで介護スタッフと一緒に生活する「グループホーム」、入院して治療が必要な方が入居できる「療養型医療施設」、ここは治療後は自宅に戻ることが前提です。
このように、たくさんの種類がありますので、入居する方の状況に応じて入るホームを決めるといいと思います。

関連ページ

有料老人ホームのタイプ
老人ホームを利用したい、または身内にそういう方がいらっしゃったりしませんか?老人ホームにも様々な種類のものがあります。じっくり調べて自分に合った場所を選択しましょう。